www.uulti.org

-

-

「わたしは専業主婦なのですけれどもたまには急に手持ちというものが必要になってくるということも有ります。そんなとき借り入れといったものが利用できたら等と思ったりするのですが、収入がないとクレジットカードというのは作っていただけないと聞いてます。でも主婦仲間でキャッシングカードを所有している人もいたりします。主婦であったとしても作成できる金融機関のカードが存在しますか」こういう質問にご回答します。キャッシングといったものを審査する時、職へ就いて所得というのが確かにあるなどという、審査の条件が存在します。したがって専業の主婦だと審査には承認されないのが普通なんですが今では多種多様な金融機関といったようなものが専業の主婦へもカードなどを発行していたりすることがあります。不自然だと考えるかもしれませんけれども、そういった折の審査対象は申請した本人ではなくって、旦那さまに関する信頼度での査定となります。それでも利用出来る分は、たいしてないものであると考えていた方が良いでしょう。なおかつ使った影響というようなものがご主人の金融機関のカードへ至る場合も有るのです。法改正によって一年間の収入に対する3割までと枠が有るので旦那さまの利用しているカード与信額が一杯だと改めてクレジットカードを作った場合下げられる場合があります。よって契約の折結婚をしているということに関してを証明するような文書の送付というものを要求してくることもあったりします。このような規制対応は各企業でも苦労してるみたいです。もしも申し込みの際には婚姻をしてたけれども以後結婚解消した場合その本人たちが届け出しなければわからないはずです。そのまま使用し続けてしまったような時貸した方は犯罪行為ということになっています。こういったありさまですので以後専業の主婦へとキャッシングカード利用へ変動が顕在化するのであろうと思われます。

Copyright © 2000 www.uulti.org All Rights Reserved.